介護施設の種類を知っておく

  • 介護施設を利用するメリットとデメリットは?

    • 介護施設とは、入居している介護が必要な高齢者に対して、食事や入浴、排泄等の日常生活全般にわたって介護をするという施設の事です。
      ある程度元気で介護の必要が少ない人は職員と一緒に食事を作ったりする事もあり、個室で生活しながら職員に訪問介護をしてもらっている人もいます。

      介護施設を利用するメリットは、まず一人暮らしや家族などの身内がいない高齢者の人がきちんと日常生活のサービスを受ける事ができるという点です。

      また、施設には職員や他の入居者も沢山いますので、話相手もいて孤独になりにくいという点があります。イベントやレクリエーション活動もありますので楽しく過ごす事が出来ます。
      他にも、施設内はバリアフリーになっているので入居者は転んだり怪我しにくいため安全です。
      一方、介護施設を利用するデメリットは、やはり費用がかかってしまうという点です。

      介護付き有料老人ホームに興味ある方、必見です。

      どうしても施設に入居するという事になると、ある程度のお金が必要になります。
      その為、経済的にあまり余裕のない高齢者は入居できない場合があります。

      人気なビジネスジャーナル情報をまとめてチェックしよう。

      また、施設なので基本的には集団生活になってしまうという点もデメリットに挙げられます。
      集団生活なので、食事や入浴の時間もある程度決まっていて、自分の好きな時間に食事をしたり、お風呂に入れないという場合もあります。


      もちろん個室が与えられ、ある程度の自由時間はありますが、それでもどうしても合わないといって、せっかく入居しても退去してしまう人もいます。