介護施設の種類を知っておく

  • 介護施設を選ぶ基準について

    • 核家族化が一般的になり、高齢者の介護については、老人ホームをはじめとした介護施設に委ねざるを得ないのが現状です。

      しかしながら、人口の高齢化のスピードに施設の供給が追いついていないのが実態であり、本来、主体となるべき自治体が運営する老人ホームについては、介護レベルが高い方でなければ入居できない状況です。

      そのため、現在では有料老人ホームが主流になりつつありますが、様々な種類のホームが出てきています。

      例えば、健康型有料老人ホームは、介護の必要がない方が入居する施設ですが、一般の住宅とほとんど変わらず、夫婦で入居する方も多いのが特徴です。

      反対に、介護付有料老人ホームは認知症などを発症しており、医療依存度が高い方しか入居ができません。
      費用は、健康型と比較すれば、安価に設定されていますが、決して安い費用ではありません。
      これらは一例に過ぎませんが、あまりに種類が増えると、どういった介護施設が良いのか判断が難しくなります。

      老人ホーム紹介ならこちらのサイトがオススメです。

      そこで、介護施設を選ぶ基準ですが、基本的には自立、要支援、要介護といった要介護度で判断するのが一般的です。

      さらに、認知症の有無、医療依存度、予算を重ね合わせていけば、自ずと入居可能な介護施設が絞り込まれますので、実際にその施設に入居を希望する高齢者の状況を伝え、相談することをお勧めします。

      話題のgoo ニュースについて詳しく知りたいならこちらです。

      特に、民間会社が運営している介護施設では、要介護度に幅を持たせてありますので、入居できないと思っていても入居できたり、その反対もありますので、まずは相談する事が大切です。